Official WEB SITE

MORE CLEAR.

MORE EMOTIONAL.

MORE DRUNK.

About

BIOGRAPHY

(ténder・lòin)テンダーロイン 《英国では豚の腰肉の真ん中あたり,米国では牛・豚のサーロインの柔らかい部分》である
特に名の由来が無いそのバンドは2007年栃木県にて産声を上げる
既にアパレルブランドが存在していたため「-」を入れるが差別化は図られていない。
幾度かのメンバーチェンジを経て2009年Dr-U.G.が加入、現在のメンバーに落ち着く。

誰しもが経験するであろう”ありふれた日常”を疾走感と共に唄ったナンバーが多く見られる。2010年よりアルバムの製作にとりかかり2014年完成。構想3年、実務半年間のアルバムを完成させる。

[Vo&Gr]Teppei Hatanaka

作詞楽曲を手がけるフロントマン。電気系統に精通し、ギター改造,漏電アンプ,エフェクター制作に情熱を注ぐDIYフリーク。HARDOFFのジャンクコーナーがお気に入り。

[Guitar]Yuki Okamoto

速弾きが習得できない理由を「Lo-Fi趣向」と正当化するギター担当。特技は野良猫の餌付け。オカルトネタの収集に余念がない

[Bass]KENKEN

P+MM  Passive P.U.のFender JAZZ BASSを愛用。TENDER-LOINの発起人でありリーダー的ポジションを担う。 休日は早朝から子供達と白球を追う

[Drums]U.G.

プレイ中の水分補給は主にビールという無類の酒好き。 豊富なバンド経験に裏打ちされた技巧・存在感を兼ね備えたパワフルなドラムプレイが特徴的

SOUND

BLOG

ALL POSTS  RSS2.0

CONTACT